ホーム麺類【ぎんねこ】早い・安い・うまいの老舗蕎麦屋は昭和初...

【ぎんねこ】早い・安い・うまいの老舗蕎麦屋は昭和初期創業の元カフェー

おすすめ記事

浦和駅西口、埼玉県警方面へ向かう裏門通りぞいにあってただならぬ雰囲気を醸し出しているお店がこちら「ぎんねこ」。だいぶ前に紙媒体でぎんねこについての記事を読んだことがあり、確か内容はこの様なものだった。「昭和初期(1926年~)に洋食・喫茶シルバーキャットとして開業したこのお店は太平洋戦争中に敵性語である店名を変えることを余儀なくされ、ぎんねことなった。そして戦中・戦後の食糧難の頃、配給品のそば粉や小麦粉を使う蕎麦店に業態を変えて現在に至る」と。

ぎんねこの天ぷらそば

そんな歴史のあるぎんねこで今日注文したものはこちら、天ぷらそば。温かいやつ。汁は濃いめ、海老天とかきあげとナルトが乗っかっています。これで650円。まじか~。

ぎんねこのメニュー

ぎんねこのメニュー表を見てください。ほとんど750円以下! お店の人も対応が親切だし注文したものがすぐに出てくるので人気があっていつも盛況。相席はあたり前田のクラッカーで、サラリーマンが多いけど女性の一人客も普通にいます。季節のメニューもあって、 夏に来ると冷やし月見中華が良く出ている。

ぎんねこのメニュー裏

裏側のメニューは冷たい麺類と丼ものなど。店内には中央に長いテーブルがあって、他のお客さんと隣り合って向いあわせに座るか、壁際の4人掛けテーブルに相席。ここのお客さんは皆食べたらさっさとお金を払って出ていく人ばかりなので、ぐるぐるお客さんが動いているような感じがする。早い・うまい・安い所が良くて、牛丼が嫌だったら「ぎんねこ」おすすめ。あまり腹は出ない。

こちらは後日食した月見中華。ラーメン(550円)に目玉焼きが乗っかったもの。

卵を割ると黄身がトロ~っと。

ちなみに同時期に蕨駅前で開業したダンスホールの写真が手元の写真集に載っていた。名前は「Chante Clair(シャン クレール)」。日華事変の直前、大正ロマンの香りがまだ漂う中、モダンに造られたダンスホールに通う人士や踊り子がシルバーキャットにも来ることはあったのだろうか?

シャン クレールがあった場所

ぎんねこの基本情報

店舗名ぎんねこ
ジャンル

  • 和食

  • 洋食

  • にく

  • 中華

  • イタリアン

  • ラーメン

  • 担々麺

  • そば

  • すし

  • カレー

  • インド・ネパール

  • タイ・ベトナム

  • トルコ

  • その他

特徴

  • 浦和駅近(徒歩5分以内)

  • 浦和駅徒歩10分以内

  • 浦和駅徒歩15分以内

  • 全席禁煙

  • 駐車場あり

  • カード利用可

  • Paypay利用可

  • 食券制

  • Uber Eats対応

電話048-822-4751
地図
アクセス浦和駅北口から450mで徒歩6分、西口から600mで徒歩8分。
自転車店舗前や店舗脇の路地に止められなくもない。自転車放置禁止区域外。
駐車場周囲のコインパーキング。店舗前に新しいコインパーキングが出来たが、将来マンションの敷地になるような気がする。
所在地さいたま市浦和区仲町2-13-17
営業時間10:30〜14:00
定休日土日
予算1,000円以内
WEB食べログ・店舗ページ
店舗SNSなし

返信する

コメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

- Advertisement -

最新の記事

【手打蕎麦・松月】数量限定の茶蕎麦をいただく

浦和駅西口から距離850m、調(つきのみや)神社西側の住宅街にある手打ち蕎麦屋・松月で、変わり蕎麦の茶蕎麦が数量限定であると目にしたので早速食べに行ってきました。

浦和駅からの距離別

今週のアクセス数トップ5

関連記事

- Advertisement -